サステナビリティ

SDGsへの取り組み

5つの主要課題に取り組みながら
持続可能な社会づくりに貢献してまいります。

リケンテクノスグループでは、持続可能な社会づくりに貢献してまいります。国連サミットにおいて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にある普遍的目標であるSDGsについても取り組みを強化してまいります。
3ヵ年中期経営計画で掲げた5つの主要課題に沿ってゴールを特定し、解決に向けリケンテクノスグループ全体で努力してまいります。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
3ヵ年中期経営計画主要課題 SDGSへの取り組み内容
  • すべての人に健康と福祉を
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任 つかう責任
  • 平和と公正をすべての人に
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • つくる責任 つかう責任
  • すべての人に健康と福祉を
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 貧困をなくそう
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
  • 人や国の不平等をなくそう
  • パートナーシップで目標を達成しよう
  1. 3ヵ年中期経営計画主要課題

    1. グローバル経営の深化とシナジ一 2. 戦略思考による収益力向上

    SDGsへの取り組み内容

    • すべての人に健康と福祉を

      グローバルに医療用製品を提供

      • 高い安全性と安定した品質のコンパウンド製品で医療器具を支えています。衛生性に優れ、治療器具がスムーズに動作するよう設計されたリケンテクノスの製品は、患者様と医療に従事される方の双方の負担を軽減しています。

    • 産業と技術革新の基盤をつくろう

      EV自動車の製品開発

      • 充電ケーブルの被覆材や、センサー用のカバーなど多岐にわたって、グローバルにお届けしてまいります。

    • つくる責任 つかう責任

      リサイクル、軽量化、フードロス減少など、社会のニーズに対応

      • 例えば、リサイクル性に優れたエラストマーコンパウンドをゴム代替として拡販してまいります。

      • フィルム製品は、塗装代替としての役割を果たし、VOC削減に貢献しています。また、メタリック意匠のフィルムは、金属代替部品として軽量化に貢献しています。

      • 食品包材では、食品を衛生的に保ち、余った食品を保存するなど、フードロス削減に貫献しています。

    • 平和と公正をすべての人に

      情報化社会への貢献

      • リケンテクノスの電磁波シールド材、高速伝送用の材料(5G対応)は、情報化社会に欠かせない製品です。

    ページTOPへ戻る
  2. 3ヵ年中期経営計画主要課題

    3. 効率を極めた生産体制の実現

    SDGsへの取り組み内容

    • 安全な水とトイレを世界中に

      化学物質と廃棄物の適正な管理

      • 製品の開発から廃棄までのすべての過程において、環境関連物質による環境への負荷を低減するために、化学物質と廃棄物を管理しています。

    • つくる責任 つかう責任

      生産効率のアップ

      • 省人化、自動化などにより生産効率を上げ続けてまいります。生産効率を上げることで、労働環境を改善するとともに、原材料やエネルギーのロスを削減することができます。効率化へあくなき努力を続けてまいります。

    ページTOPへ戻る
  3. 3ヵ年中期経営計画主要課題

    4. サステナブルな社会への貢献

    SDGsへの取り組み内容

    • 安全な水とトイレを世界中に

      医療用材料の拡販

      • 抗菌、抗ウイルス(SIAA)、消臭、消毒、耐汚染材、防虫などの機能を付与した製品を開発し販売しています。

    • つくる責任 つかう責任

      水を節約します

      • 災害時には、高機能ラップを使用することで洗浄水を削減できます。被災地には、支援物資として食品用ラップをお届けしています。

    • つくる責任 つかう責任

      再生可能エネルギーヘの貢献

      • エラストマーコンパウンドTrinity® FRは、ソーラーケーブルの被覆材に使用され、クリーンエネルギーの送電を支えていきます。

    • つくる責任 つかう責任

      CO2の削減、廃棄物削減、化学物質管理

      • すべてのバリューチェーンを通じリケンテクノスグループが取り組んでいる重要な環境課題です。

    • つくる責任 つかう責任

      植樹による洪水対策

      • 繰り返される洪水対策のためインドネシアで毎年植樹活動を行っています。

    ページTOPへ戻る
  4. 3ヵ年中期経営計画主要課題

    5. 人材育成とガバナンス重視の経営による企業体質の強化

    SDGsへの取り組み内容

    • 安全な水とトイレを世界中に

      継続的な支援

      • United Wayなどを通じて寄付活動を続けてまいります。

        United Way
    • 安全な水とトイレを世界中に

      未来を担う世代を応援

      • 拠点のある地域社会での奨学金の授与、学校への奉仕を行ってまいります。また、テレビ番組の「夢らぼ」の制作を通じて頑張る学生を応援しています。

        夢らぼ
    • 安全な水とトイレを世界中に

      女性活躍推進

      • 女性の活躍をグローバルに推進してまいります。

    • 安全な水とトイレを世界中に

      労働安全衛生に人材活用

      • 従業員の健康第一に労働安全衛生が企業活動の最も重要な基盤のひとつと考え取り組みを強化しています。また、ポストチャレンジなど人材活用の多様化を進めていきます。

    • 安全な水とトイレを世界中に

      多様性のある人材の活用

      • 多様性のある人材を採用し、活躍の場を提供してまいります。

    ページTOPへ戻る
  5. 全主要課題共通のSDGs

    • 安全な水とトイレを世界中に
      • すべての主要課題の解決にはステークホルダーの皆様とのパートナーシップは不可欠です。
        リケンテクノスグループは、皆様と共に「More Value to All 2021 共に生み出せ!さらなる価値を!」を実現してまいります。

    ページTOPへ戻る