お知らせ

2024/07/10

自動車ウィンドウ用フィルムICE-μ®の遮熱性能向上グレードを開発

リケンテクノス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:常盤 和明)は、自動車ウィンドウ用フィルムICE-μ®(アイスミュー)で新たに遮熱性能を向上させたグレードを開発しました。

自動車ウィンドウ用フィルムICE-μ®は、高い遮熱性に加え、フィルムの均一性と透明性に優れ、窓ガラスに貼ることでクリアな視界で快適な車内空間を演出します。当社が長年培ったコアテクノロジーを投入し、画期的な「波長コントロール設計」と緻密な「コーティング技術」によって赤外線や紫外線をカットすることで、電磁波の透過を阻害せずに、高い透明性と遮熱性を実現しています。

今回新たに開発したグレードは、光反射性を加えることで従来品の熱吸収による遮熱との二重の効果を生み出し、既存グレードに比べて遮熱性能を10%以上高めています。

■ICE-μ®️ RE(開発品)の特長

  • 現行品と比べ10%以上遮熱性能が向上します。
  • 熱線”反射”機能の追加により室内空調効率の向上に貢献します。

項目

RT85
(従来品)

RT85-RE
(開発品)
RT70-RE
(開発品)
RT50-RE
(開発品)

可視光線透過率
(%)

85

85 70

50

太陽光エネルギー
カット率(%)

27 32 48

54

 

防犯機能や抗ウイルス性等、独自のユニークな機能を組み合わせることも可能です。フィルムの力で一層の快適空間を実現することを目指し、常にお客様のニーズを先取りした製品開発に取り組んでいます。

リケンテクノスグループは、ICE-μ®をはじめとする製品を通じて快適な生活空間を提供するとともに、環境負荷を低減し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

ICE-μについてはこちらから
当社製品情報はこちらから