お知らせ

2020/02/14

抗ウイルスフィルム「RIKEGUARD® FILM(リケガードフィルム)」を新たに上市しました

「RIKEGUARD® FILM(リケガードフィルム)」の「RIVEX®(リベックス)」グレードは、抗菌・抗ウイルス性および安全性を認証するSIAAマークを取得した世界で初めてのウィンドウフィルムです。SIAAマークの取得には、抗ウイルス・抗菌処理を施していない従来製品と比較して、菌の増殖割合が100分の1以下でなければならないなど厳しい規格を満たすことが必要となります。

「RIKEGUARD® FILM(リケガードフィルム)」の「RIVEX®(リベックス)」グレードは、当社のコーティング技術を応用することで高い透明性を持たせつつ、フィルム表面のウイルスの数を大幅に減少させることができます。ウィンドウフィルムとしても、モバイル端末などのディスプレイ表面の保護用途としてもお使い頂けます。

昨今、抗ウイルス製品に対する社会的ニーズが高まっております。アメリカではインフルエンザウイルスが猛威をふるっており、世界的にウイルスに怯えながらの生活を余儀なくされています。主要な感染経路として接触感染が挙げられますが、多くはウイルス付着物に手で触れたあとに口や鼻などを触ることで感染するとされており、ウイルスに触れるリスクを減らすことが重要となっています。一方で、様々な物に素手で触れないようにすることは限界があります。中でもスマートフォンは、今や生活必需品となり毎日触ることが当たり前になっていますが、実は目に見えない菌やウイルスが多く存在しています。「スマートフォン表面にはトイレの18倍細菌が存在する」という米国の研究データがあるほどです。公共施設のタッチパネルなどは不特定多数の人が触るため、感染のリスクはさらに高いと言えるでしょう。

「RIKEGUARD® FILM(リケガードフィルム)」の「RIVEX®(リベックス)」グレードを貼ることで、付着したウイルスの数を大幅に減少させ、日常生活の中での感染リスクを軽減させることが可能となります。耐傷つき性にも優れるため、病院や学校の窓、タッチパネル、案内板、電車の窓など様々なシーンに展開できます。さらに、表面の硬度を上げた「RIKEGUARD® FILM(リケガードフィルム)」の「REPTY®(リプティ®)」についても、SIAAマークの取得を準備しています。

用途: 病院、学校、介護施設、食品ケースなどのウィンドウ面。モバイル端末のディスプレイ表面など。

参考URL:
SIAA「抗ウイルス加工」のページ↓
https://www.kohkin.net/products/search/index.php/search?cell003=&cell008=1&keyword=

参考資料:                                                                                        RIKEGUARD® 製品説明資料(PDF)

右下のボタンよりお問い合わせください。