• 開発

    第2開発室

    2011年入社

    自然科学研究科 物質工学専攻

自分のやりたいことにやってみろと
背中を押してもらえる風土が魅力です。

  • リケンテクノスを志望した
    きっかけは何ですか?

    電線から建材、自動車用、フイルムまで幅広い分野でリケンテクノスの製品が使われており、日常生活の中で自分の仕事の成果を実感できると感じたため。また、若手の内から自由な発想で仕事をさせてもらえる点にも魅力を感じました。面接をしていく過程で社員の方と接する機会も多く、年配の方から若手の方まで楽しく仕事をしている姿を見て社内の風通しの良さも感じ、入社を決めました。

    リケンテクノスを志望したきっかけは何ですか?
  • 今の仕事を教えてください。

    電線被覆材料の開発担当として、色々な樹脂や添加剤の配合を検討し、燃えにくくしたい、軽くしたい、柔らかくしたい、など世の中のニーズに合う製品を開発しています。大学での研究とは異なり、実験室にこもるというよりはむしろ積極的に外に出て、お客様と打合せを行いながら開発を進めています。

    今の仕事を教えてください。
  • 仕事の「やりがい」は何ですか?

    自分の開発した材料がお客様に採用され、実際に流動したときが一番の喜びです。ハードルの高い開発テーマであっても、試行錯誤を繰り返し、お客様と評価結果について打合せを行いながら少しずつ前に進めているときにやりがいを感じます。私自身が新しいものを開発して世の中を驚かせたいという思いを持っており、新規テーマを主に開発をしていく今の業務に対して「やりがい」を感じながら仕事をしています。

    仕事の「やりがい」は何ですか?
  • リケンテクノスの「魅力」を教えてください。

    開発の進め方や自分がやりたいことを、気軽に上司に相談できる環境があることです。こういう開発をしてみたい、この新しい原料を使ったらきっと良い結果が出る、という自分なりの考えもしっかりと受けとめ、やってみろと背中を押してもらえる風土が魅力です。

    学生の皆さんへメッセージ

    仕事でもプライベートでも、様々な場面で人と人とのコミュニケーションが大切です。採用面接と聞くとつい身構えてしまいますが、ここでも基本的なことはコミュニケーションだと思います。ぜひ難しく考えすぎず、自然体で会話をする気持ちを大切にして下さい。

  • ある1日のスケジュール

    • 08:00 通勤
    • 09:00 出社、業務開始。メールチェック・ミーティング
    • 10:00 材料組成の検討、評価スケジュール計画
    • 11:00 翌週の試作に向けて原料手配、試作依頼書作成
    • 12:00 お昼休み
    • 13:00 物性試験
    • 14:00 試験データの整理・まとめ
    • 15:00 翌日の出張準備
    • 16:00 プレゼン資料作成
    • 17:00 一日のまとめと翌日以降のスケジュール調整
    • 18:00 退社
    5 years later 5年後の目標